水着と歴史

その他の関連情報

1907年、オーストラリア出身の女性スイマーが着用したワンピース水着は、新たなスタイルの水着として世の中にインパクトを与えたほか、女性の権利を拡大する動き隆盛だったという当時の時代背景から、女性が活動的なワンピース水着を使用する権利の主張として、社会的に受け入れられることとなりました。

1920年ごろには、丈の短いスカートがあるキルト式水着や、「水槽」、「室内プール」という意味の「タンク」を名称に使用した「タンク・スーツ」と呼ばれる水着が流行りました。その内、タンク・スーツは、半月の形をした胸ぐりと、身頃から裁ち出した幅広の肩紐がある水着です。また、タンク・スーツについている半月型の深い胸ぐりは、「スコップでえぐったような胸ぐり」というニュアンスから、「スクープド・ネック」という名称で呼ばれました。そして、タンク・スーツには、活動的で機能的なデザインがほどこされていますが。こちらのデザインは、現在、わが国の学童用水着として有名な「スクール水着」に継承されています。

後に、1946年になると、フランスのデザイナーが、「ビキニ」と命名したツーピース水着を発表しました。こちらは、肌の露出度が高く、刺激的な印象を与える水着です。

メインメニュー

サブメニュー